読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 エリジウム

映画

強固な秩序に抗う強化外骨格

f:id:ac178d:20161017043822j:plain

 

  近代性、合理性を視覚的に映し出したシステマティックなロボットたち。

 超富裕層の安逸な生活を支え、人口過剰や環境汚染問題に代表されるような、普遍的問題の解決を一部富裕層のみの救済に見出すデストピア世界。

 人間性、そして生命価値の軽視を助長する秩序が、強固な機械とシステムに支えられている。

 

 その秩序に抗いつつ、権力に踏みにじられた主人公がまとうのは、醜い強化外骨格。ガンと傷で弱り切った主人公が、近代的な剛力の一部をまとい、迫害者とロボットたちに立ち向かう。

 

 初めて治安維持機動部隊の一体を倒す瞬間、粉々にくだけ散るその外殻のスローモーションは、人間性と野蛮性が、近代の圧迫に反乱を起こす第一歩であった。

 

 しかし秩序の転換を試みる彼を脅かすもう一つの存在。それはもうひとりの反乱者分子であった。人間性や思想なしに、野蛮性だけで秩序の破壊を試みる暗殺者。彼らは時代を問わず、近代性と合理的秩序に抑圧されてきたもう一つの普遍的脅威である。

 

 安逸な富裕層と超近代兵器を身にまとう野蛮な反乱者の2つを、貧しい装備で打ち破る主人公の勇姿に心奪われる。革命が欺瞞に陥らぬためには、この2つ同時に打ち倒すべきであったのだ。

 

 彼は自らの命を犠牲に、強固な近代性が守るべきものを改変した。秩序は、システマティックなロボットたちは、全市民に開かれた。

 

 歴史は繰り返される。かのフランス革命や共産革命の失敗と同じく、人類が理想郷を築くのは遠い未来、もしくは永遠に訪れぬ未来かもしれない。しかし彼らの抗いと、被迫害者たちの嘆きと喜び、そして子供たちへの救いと親の愛は、たとえ一瞬あっても限りなく人類を輝かす。

 

『エリジウム』予告編